/

問題文

我社では、新しい部署の開設に伴い新たなネットワークレンジを割り当てることになった。

担当者はメールで渡された情報に従ってコンフィグを作成し、新しく導入した機材に流し込んだ。
しかし、いざ設定してみると他部署のネットワークとの疎通が取れないことが分かった。
各担当者に問い合わせたが原因は特定できなかったという。

そこで、この問題を解決し、原因およびその根拠、また修正したコンフィグを報告してほしい。

担当者に送られたメール:

件名: ○○部署開設に伴うネットワーク情報まとめ

本文:
お疲れ様です。
○○部署で使うネットワーク情報についてのまとめです。
192.168.38.0/24、デフォゲは192.168.38.1
ipv6アドレスの割り当てなし。

新しく使うアドレス
192.168.39.0/24
ipv6アドレスの割り当てなし。

新しく導入した機材で192.168.38.39を介して192.168.39.0/24を接続し、RIPで社内LAN向けに経路情報を投げてください。

制約・情報

routerAの192.168.39.0/24のネットワークにPCを接続して192.168.37.1にPingが飛ぶように設定を修正してください。

PCは、2960Bのfa0/1に接続してください。

routerAは1941です、routerBは操作できません。
enable password : ZWKKEFzV

この問題に関係のあるIP及びvrfは192.168.37.0/24,192.168.38.0/24,192.168.39.0/24,vrf05です。それを除く他のIP,vrfは当問題とは関係ありません。

回答していただく項目は以下の通りです。

  • トラブルの原因とその根拠(使用したツールやコマンド等も明記して)
  • 修正したコンフィグ

問題のスタート

192.168.39.0/24に接続されたPCから192.168.37.1にPingが飛ばない

問題のゴール

問題を解決し、192.168.39.0/24に接続されたPCから192.168.37.1にPingが飛ぶように設定を修正する。

トラブルの概要

RIPのバージョン指定を忘れたときに経路情報は見えてるのにPCからPingが飛ばなくなる

解説

routerAではripのバージョンを指定せず、routerBのみripにversion2を指定した。

ciscoルーターの場合ripのバージョンを指定しなければversion1で動作するが、version2の経路情報も受け取るため、routerAでは192.168.37.0/24を受け取ることができる。しかしrouterBはversion2で固定しているため、version1の経路情報を受け取らない。

そのため、routerBには192.168.39.0/24が伝わらないため疎通が取れなくなる。

この問題はルーター2台のコンフィグを見比べて問題を特定することができない為、流れているパケットを読む(debugなど)必要がある。

routerAでdebug ip ripコマンドで自分はversion1をsend、相手からはversion2をreceiveしていることが分かる

手元のRIPのバージョンを2に変更すると正しく疎通できるようになる。

回答例

1941でdebug ip rip コマンドを使用したところ、手元がRIPv1、対向がRIPv2を使っていることが分かりました。

そこで
router rip
address-family ipv4 vrf vrf05
version 2
と入力したところ、PCから正しくPingが飛ぶことを確認しました。

最低限これだけの情報が書かれていたらOKです。

最近のコメント