/

問題文

顧客が増えてきたため、今まで単一ノードで動作していた通信販売サービスを複数台構成にし、前段に1種類の負荷分散アプライアンスを導入したい。また、成長株なので社長はいくらでも投資してくれると言っている。よって、コストについては考えなくて良い。この時、導入する負荷分散アプライアンスの動作形式として最も適切だと考えられるのは、以下の4つのうちどれか。

トラブルの概要 (必須)

なし

解説

  • 負荷分散サーバにSSLアクセラレータを搭載し、セッション単位で分散を行う。
  • HTTPのcookieをベースにセッション単位で分散を行う。
  • IPアドレスベースでノード単位の分散を行う。
  • SSLセッションIDをベースにセッション単位で分散を行う。
    この4つの選択肢が与えられていました。

まず、通信販売サービスは、HTTPSを用いている可能性が高い、もしくは今後導入する可能性が高いと考えられるため、HTTPのcookieは通常のLBでは触れない可能性が高くなります。SSLセッション毎に分散をすると、サービスのセッションが各サーバで同期されていない場合ユーザ側は頻繁にサービスのセッションが切れてしまう可能性が考えられます。IPアドレスベースで分散するのと、SSLアクセラレータを搭載し、HTTPのcookie等のセッション情報をベースに分散するのでは、コストを考えない場合、SSLアクセラレータを搭載しHTTPのセッション情報をもとに分散するほうがより適切に分散ができると考えられます。

講評

4択問題なので、ほぼすべてのチームが回答していました。実際にはコスト等を考えると、L3やL4LBが現実解だと思います。最近はDPDKを使ってL4LBやるのが流行っているらしいです。

最近のコメント