スカイアーチネットワークス杯 ICTSC8 「本選競技ルール概要」

今大会の競技概要並びに競技ルールについてのまとめです。随時情報は更新されます。
参加者は事前に読んでおくことをお勧めします。

最終更新日:2017年8月09日
ICTSC8 運営委員

 

競技設定

 
参加者はトラブルシューティングのスペシャリストであり,様々な国家からトラブルの解決を依頼されています.
依頼内容に従って様々なトラブルを解決し,報告をしてください。
 

問題について

 

出題方式

 
出題する問題はジャンルごとに1つの国家にまとめられています。
参加者は,複数の国家にトラブルの解決を依頼されています。
詳細は競技構成を参考にしてください。
 

解答可能時間

 
コンテスト開始時間から、コンテスト終了時間までのうち、コンテスト会場内に入場可能な時間とします。
 

採点反映時間

 
問題の回答の採点依頼をした後,20分後以降に採点結果が反映されます。
また、採点依頼をしてから20分後までの間、その問題に対して新たに採点依頼を送信すること及び問題サーバへのログインはできません。
 

禁止事項

 
以下の大会の妨害に当たるような行為は禁止します。

  • 他チームや運営に影響が出る、Dos攻撃と認識されるような帯域を大量に消費する行為
  • 運営や他チーム,または外部インターネットに対する攻撃等迷惑をかける行為
  • 解答可能時間外に問題ネットワークに接続する行為
  • 問題ネットワークからインターネットへの接続を過度にする行為
  • 運営にかかわるコア機材に触れることや踏む行為
  • モバイルルータ等を使用して、競技ネットワークへ他のネットワークを接続すること
  • 無意味な回答や質問の連投などの迷惑行為
  • その他運営が大会の妨害に当たると判断した行為

 

競技構成

 

国家ごとにいくつかの問題が用意されています。
最初は各国1問ずつ問題が与えられています。各問題で一定の基準以上の得点を得る解答をした場合,その国から次のトラブルを依頼され問題が追加されます。

 

次の問題へ進める基準

 

問題の主軸となっているトラブルに対して、問題ごとに設定されている一定の作業をこなしている解答であれば、次の問題が公開されます。

 

スコアボード

 
全ての参加者に、以下の情報をスコアボードにて公開予定です。

  • 自分の順位と得点
  • 上位3チームの得点とチーム名
  • 自分の一つ上のチームの得点
  • 各問題が何チームに解かれたか

スコアボードは、2日目の午後競技の開始前まで確認可能です。

 

 

インフラ

接続性の提供

 
本線会場では参加者へ対し、有線LAN及び無線LANにてインターネットへの接続性、及び出題される各問題の対象サーバ等への接続性を提供します。

有線LANについては、参加者人数分のRJ-45 LANケーブルを提供します。
無線LANの接続方式は、802.11a/g/n/ac です。802.11n / 802.11ac については 2.4GHz/5GHz で提供します。
ネットワーク機器を対象とした問題では、問題の解決にRJ-45シリアルコンソールケーブルが必要になります。
 

電源について

 
電源については、各チームに4口の電源タップを提供します。電源容量の制限は 300W です。
電源容量の範囲内に収まっていれば、持ち込むPC等の台数制限は行いません。
電源タップの持ち込みについても許可します。ただし、チームとしての電源容量の制約を越えてはいけません。

 

  |