スカイアーチネットワークス杯 ICTSC8 DAY1 レポート

2017年8月26日(土) 「スカイアーチネットワークス杯 第8回ICTトラブルシューティングコンテスト」初日です。

今大会も多数ご応募いただきまして、ありがとうございました。
「トラコン」は、実機を使ってのコンテストとなるため用意できる機材、電源等の関係で現状15チームまでとなっております。
今回コンテストでは、予選を通過した上位10チームと実行委員推薦枠5チームにご参加頂きました。

初日のスケジュールはこのような感じに。

8月26日(土) 09:30 – 10:00 参加チーム受付
10:00 – 12:00 コンテスト(1日目)午前の部
12:00 – 13:00 昼食
13:00 – 16:30 コンテスト(1日目)午後の分
16:30 – 18:00 協賛企業様及び各チーム自己紹介
18:00 – 20:00 懇親会

DAY1 フォトレポート

初日スタート

今回のコンテストのストーリーは

  • トラブルを抱えている国が8国ある。
  • 参加者は、各国からトラブルを解決して欲しいと依頼を受け、トラブルを解決・報告をする。
  • 正しく対処できているかで得点をつけ、競い合う。

でした。
前回に引き続き、シナリオに沿って競技が進んでいきます。

詳しい競技ルールについては、こちらをご覧ください。

毎回トラコンは集まりが良いです。

朝は競技部屋に行く前に開会式。実行委員長より開会挨拶がありました。

競技会場へ移動して、競技開始です。

 

こちらはNOCの様子。機材提供企業様よりお借りしている機材の数々。

今回の競技会場は1Fと4Fに分かれていたため、運営スタッフは、1Fと4Fに分かれて見て回ります。

昼食は食堂でお弁当。ボリュームのあるお弁当でした。

昼食後は、運営学生から問題解説があり、その後見学者の方向けNOCツアー。

運営学生が今回の競技環境を説明します。

 

  

午後の競技も終了後、チーム紹介と協賛企業紹介で移動しました。

各チームから紹介。

福岡協業大学 「FIT-HACK」/ 法政大学「RAT2」

 

法政大学「RAT1」/ 情報科学専門学校「IPFactory」

   

電気通信大学「uecmma」/ 専門学校穴吹コンピューターカレッジ「第二電脳技研IaaS」

 

京都女子大学「PACK GIRLS」/ ECCコンピュータ専門学校「ECCComp.」

 

東京農工大学「tuat_mmc」/ 神奈川工科大学「ぷちKAITv3」

東京都立産業技術高等専門学校「EagleJump」/ 日本工学院八王子専門学校「WCDI」

慶應義塾大学「味処まるたか」/ 高知工科大学「高知工科大学ロボット倶楽部」

国立木更津工業高等専門学校「yone-labo」

そして、懇親会。

学生、社会人混ざって交流ができたのではないかと思います。

後半はいつもどおりのLT大会。

       

 

初日お疲れ様でした。
2日目のレポートはこちらからご覧ください。

  |